脱獄Tさん

警察の話

その日はついていなかった。
深夜に通報を受けて酔っ払いの保護に向かったのだが、これがよくよく見ると有名芸能人のあの人だった。
激しく抵抗するので、やむなく逮捕して取り調べるも、容疑者は支離滅裂な言動を繰り返すのみだった。
当然薬物を疑ったが、検査結果はシロ。
いい加減不気味になって手をこまねいていたそのとき、取り調べ室のドアが勢いよく開いた。
「破ぁ――!」
先ほど一緒に連行してきた寺生まれのTさんだった。
「さっきはいいところで邪魔が入ったが、今度こそ片を付けてやる!」
Tさんの両手から光線が放たれ、容疑者の男を直撃した。
「ギャアアアア!!」
男は人間とは思えない叫び声をあげると、ばたりと机の上に倒れ伏した。
そしてややあって起きあがると、不思議そうな顔をして辺りを見回し始めた。
「あれ……ここはどこだ?そして一体今まで僕は何を……?」
Tさんはどこか悲しげに笑うと、男の肩に手を置いた。
「真っ赤な薔薇には刺がある。物理的な闇は祓えても、芸能界に巣くう闇までは俺には祓えないさ。せいぜい心を強く持つんだ。」
そしてTさんは颯爽と警察署を後にした。
寺生まれってすごい。
改めてそう思った。
……




人気記事
    PAGE TOP ▲
    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。