カラオケ屋の4号室

この間、友達とカラオケに行ったんだ。
店に入る手前で、向こうからがたいのいいおっさんが来るのが見えた。
おっさんのハゲ頭が一瞬、激しい光を反射して目がくらみそうになる。
思わず目を閉じ足を止めた俺たちとすれ違いざまに、上機嫌で歌うおっさんのバリトンの美声が耳に残った。
俺達がカラオケ屋に入ると、今は丁度込んでいて空いている部屋はないと言われた。
けど、通路の奥に明らかに使用していないブースがあるのが見えてるんだ。
「あそこ、ダメなんですか?」
俺は店員に聞いた。
「あそこは、えーっと、店長に聞いてきます」
カウンターの店員が一旦奥に引っ込んでから、戻ってきた。
「どうぞ」
明らかに顔色のおかしい店員。
俺と友達は鍵を受け取ると問題の4号室に入った。
部屋に入った途端に全身が粟立つようにゾクゾクとしたものが背中を這い上がる。
エアコン効きすぎだろこの部屋。冷房の設定温度を上げた。
友人が歌っている途中、メインモニターの映りが悪くなった。
モニターの裏を見に行った友人が「これヤバいだろ」と、俺を呼ぶ。見ると捲れかけた短冊みたいなものが貼ってあった。
確かにヤバいな。電子機器の裏に紙なんぞ貼ってあると火事の元だ。
俺はぐにゃぐにゃした字の書いてある短冊を捲って捨て、モニターについているコードを差し直した。モニターの映りが正常になった。

モニターが復活するとほぼ同時にガンガンと扉を激しく叩く音がした。友達が部屋の戸を開けると誰も居ない。
「ご注文のコーラとコーヒーです」
扉の死角に注文した飲み物を運んできた店員がいた。
そういやカウンターで鍵を受け取るとき頼んでおいたっけ。友人がトレーを受け取って扉を閉める。
何か妙だと思いながら俺はコーヒーに口をつけた。猫舌の俺には熱すぎるのでしばらく冷ますことにした。友人はコーラを一気飲みした。よっぽど喉が乾いていたようだ。
俺が歌っているとと突然「うぅぅ…」という苦しげなうめき声が混ざった。
友人が体を二つに折り、脂汗をながして苦悶の表情を浮かべていた。
おい友人、ガンガンクーラーのかかったところで冷たいコーラを一気飲みするから腹にくるんだよ。さっさとトイレ行ってこい。あと口元に近付けたままのマイクは置いていけ。
友人を送り出してから一人で歌っていた。やっぱり気持ち悪いくらいゾクゾクする。エアコンを見た。温度が入ったときと変わらず18度。壊れてるのか?
青い顔をした友人がふらふらと戻ってきてすぐ、また扉を叩く音がした。おいおい、今度は何も頼んでねぇぞ。
今度は俺が戸を開ける。誰もいないと思ったらまた死角から店員。わざとやってるだろ。
「さっきはすみません。よその部屋と間違えてホットを持ってきてしまいました」
そういや俺、熱いのは一気に飲めないからとアイスコーヒー頼んだんだっけ。ペコペコ頭を下げる店員。交換すると言う店員の申し出を寒いからホットでいいからと断り戸を閉める。

さっきから邪魔ばかり入るな。改めて十八番を歌い直すかと番号を打ち込んだところで電話が鳴った。
「そろそろお時間です。延長なさいますか?」フロントからだった。
歌い足りない気はしていたが友人は腹の具合が悪くなったみたいだから延長なしで引き上げることにした。
支払いを済ませ外に出る。店に入る前はどんより曇っていた空に、薄日がさしていた。

後で聞いた話ではあのカラオケ屋の4号室は昔自殺があったとかで『出る』らしい。
誰もいないのにドアを叩く音がしたり、霊感がある人が寒気を感じたり乗っ取られて気分が悪くなり不気味なことを呟いたり、モニターに女の子の影が映ったりしたらしい。
だが、俺たちがそこへ行って以降そういった類の話は出なくなったそうだ。
俺たちが除霊したなんて噂も一時期あったけど、生憎俺も友人も全くそんな力は持っていない。俺は単に九死に一生を得る運の持ち主ってだけだ。
ふと、あの日カラオケ屋に入る前にすれ違ったオヤジのことを思い出す。
『破ぁ〜っれた空〜 そーよぐ風〜』
その瞬間、オヤジの頭は一瞬激しく青い光を周囲に放っていた。
もしやあれが噂のTさんなのか!?
寺生まれってスゴイ。
俺も友人もそう思った。

こんな感じですかね>Tさんの父親




人気記事
    PAGE TOP ▲
    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。