小さな粒

祖父の葬儀の時、火葬場でお骨を骨壺に納めていたら
灰の中からなにやら小さな粒が出てきた
その後、粒は続々と見つかり その数は40数個にものぼった
コレは一体なんだろうと親戚一同で話し合っていると
そこへ遅れてきた祖父の弟で寺生まれであるTさんがやってきた
そしてTさんはその粒を見せられると
「ああ これは昔、俺達兄弟がマタギやってたときに俺が獲物と間違えて兄貴を撃った時の散弾だ」
唖然とする親戚一同 Tさんは更に続けて
「兄貴は丈夫でなぁ 傷口に焼酎ぶっかけて2週間もすれば治っちゃったんだよ、破っ破っ破」
そう言って豪快に笑うTさん
やっぱ寺生まれはすごい、おれはやはりそう思った

696 名前: 本当にあった怖い名無し Mail: sage 投稿日: 2013/07/11(木) 21:01:24.84 ID: p3JFKmtt0
鉛は融点が低いから、火葬すると粒が溶けてべたっと平べったくなる気がする

697 名前: 本当にあった怖い名無し Mail: sage 投稿日: 2013/07/11(木) 22:10:55.00 ID: 9iO2zeQZ0
>>696がこう疑問を口にすると
「破ァ!」という叫び声とともにTさんは鉛玉を放って見せた
薄っすらと青白い光を帯びたその弾丸はなんと炎の中に入れても一向に溶ける気配がない
寺生まれってすごい、改めてそう思った




人気記事
    PAGE TOP ▲
    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。