野菜マシマシ、ニンニクマシ、アブラカラメ!

やっと落ち着いてきたので、クリスマスイブの日の二郎体験をレポ。

北海道民の俺は、このスレ見ててもう二郎が食いたくて食いたくてしかたがなかった。
休みさえ取れれば飛行機に乗ってでも東京に食いに行くのに・・・
世間のクリスマスムードにもうわのそらで、いつか二郎が食えますようにと、
冬の雪空なんかに乙女チックに願いをかけて就寝した。

夜半。
ふと室内に人の気配を感じて飛び起き、反射的にベッド脇のランプを点ける。
と、なんとそこには全身真っ赤なウールコートを身にまとい、白い袋を背負った・・・
まさかのサンタクロースがいた。
月明かりがカーテンに窓の外のトナカイのシルエットを映しだす。
「今年一年、タケシ君はいい子にしてたかな?君が欲しいプレゼントは・・・ずばりこれだろう。」
そう言ってサンタが白い袋から取り出したのは――どういう原理か――湯気をたてるできたての二郎だった。
「ニンニクは、入れるかね?」と、にこやかに問いかけるサンタ。
「野菜マシマシ、ニンニクマシ、アブラカラメ!」何度も想像の中で繰り返したコールだ。
コールどおりに、トッピングをしてくれるサンタ。感動で胸の奥から熱いものがこみあげる。

「さて、完成だ。」
そう言うとサンタは、床に脱ぎ捨ててあった俺の靴下を拾い上げ、そこに二郎を詰め込もうとする

「人の願いに漬け込んで結界を広げる小悪党め!!」
開けっ放しだった窓から突然寺生まれで生まれつき霊感が強いTさんが飛び込んできてサンタに青白い光弾を叩きこむ!
スプリンクラーでも作動させたかのように部屋中に撒き散らかされる豚とヤサイマシマシ二ンニクアブラカラメ!!
鳴り響くサンタの断末魔が収まると 「メリークリスマシ!」
はにかみながらそう言い残してTさんは出て行った。

悪い夢でありますように。
そう願って眠りにつこうとしたが、いくら寝ようとしても、
豚とニンニクの入り混じった不気味な異臭を放つ地獄と化した部屋は、それすらも許さなかった。




人気記事
    PAGE TOP ▲
    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。