お見舞い

精神病棟にいる母親から、息子に届いた手紙らしい。

大介、イタリアの生活はどうですか。お母さんはフツウ。
守護神ジス様のおかげで、元気です。お医者をだまして何でも食べちゃう。
隣人達めケッコウ気さくでいい人ばかり。安心しれ。明日は仕事で、皆
船が来るて、喜んどる。毎日楽しいです。給料でるし飯も固くない。
ね、ね!!病棟生活だからって悪いことないわ、わりと私にはいい老後です。じゃね。

その息子はこの手紙を貰った後直ぐに精神病院に向かったらしい
すると母の病室から「破ァーーッ!」と言う声が聞こえたみたいで
急いで扉を開けるとそこには霊感が強い寺生まれのTさんが立っていたんだって
Tさん曰く「築地まで買出しに言ったんだが不穏な空気が漂っていたからここに着てみたら案の定、介護人の霊が憑いていた」だそうだ
息子があっけに取られているとTさんが「あ、これ少ないけどお見舞い」
息子にイクラの瓶詰めを渡して颯爽と去っていった
やっぱり寺生まれってすっげぇと思った




人気記事
    PAGE TOP ▲
    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。