かなしんでくれるかい?

一人の女の子がいました。
その子は大のおじいちゃん子でした。
しかしそのおじいちゃんは入院しておりもう余命は長くなかった。
医師から残りわずかの命であると伝え聞いた両親は女の子とおじいちゃんの病院へ。
両親は病室でおじいちゃんと話を終えた後、医師の説明を聞きに退室して部屋にはおじいちゃんと女の子だけになった。
女の子はおじいちゃんといろいろなことを話した。
しかし途中で女の子が泣きながら、
「おじいちゃん、いなくなるの?」
と聞いた。
すると、おじいちゃんは
「おじいちゃんが死んだら、お父さんとお母さんと一緒にかなしんでくれるかい?」
女の子は、
「うん、でも死んじゃいやだよ。」
とつぶやいた。

その次の日、おじいちゃんは亡くなった。
女の子はその日、わんわん泣いた。

一ヵ月後、ある新聞に小さな記事が。
「一家心中を破ァッ!!で救出、名前はTさん」




人気記事
    PAGE TOP ▲
    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。