Tさんの解雇

そのときのTさんはすっごく冷たくて、いつも寺生まれ独特のオーラを張り巡らせてる人だった。
飲みに誘っても来ることは無いし、忘年会なんかでも一人で淡々と飲むようなタイプで、
良く怒られていたこともあって俺はすごく苦手だった。

ある日のこと、Tさんの解雇を伝える社内メールが全員に届いた。
あのむかつくTさんが居なくなる!!心の中でガッツポーズしたのは俺だけじゃなかったはずだ。

それから1週間後、Tさんの最後の出勤日。
退社のセレモニーが終わるとみんなそそくさと帰って行ったが
Tさんと俺だけは居残って仕事を片付けていた。
送別会の開催も自ら断ったTさんを苦々しく思っていると、珍しく専務から呼び出された。
しぶしぶ専務室に行くと、課長と専務が待ち構えていた。
俺はそこで始めて課長から「Tさん解雇の真相」を聞いた。
原因は俺だった。俺のミスの責任(悪霊を封じ込めていた結界を破った)を全てTさんがかぶってくれたらしい。
話を聞いてたまらなくなった俺は急いで部署に戻ったが、Tさんの姿はすでに無かった。
ふと自分の机の上を見ると、封の開いた買い置きのタバコ。すでに一本無くなってる。
横に添えられたメモにはこう書いてあった。

「これぐらいはいただいても良いはずだ」

俺にとっては無くなったその一本が、思い出の一本です。
寺生まれは凄い。男の格好良さを俺は知った。




人気記事
    PAGE TOP ▲
    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。