じいちゃんの夢

高校1年の時、夢を見た。
それは、夢を見る数ヶ月前にボケはじめて今は老人ホームにいるじいちゃんのとこに行った夢。
ボケてたはずなのに、俺の事わかってるみたいで優しく笑いかけてくれて2人で写真とったり、
じいちゃんの昔話とか聞いたりして本当楽しかった。初めて見たじいちゃんの夢。
そこで夢がさめた…。

夜中の2時くらいで、家の中がうるさくて「また親がケンカしてんのかな?」って思った、
そしたら母さんが部屋に入ってきて「じいちゃんが…」って。
みんな急いで支度してじいちゃんのトコに向かった。
家から出て数分後に父さんの携帯に電話がきた、「…今逝ったって…。」
その時はまだ信じきれなくて、ただただじいちゃんに会いたかった。
着いたのは老人ホームじゃなくて病院で、もう治る見込みがなかったのかな?ほかにも老
人ホームに入りたい人がいるからって病院にうつされてたんだって。
病院に入ると重い雰囲気…そして、じいちゃんのいる部屋へ案内された。
そこには泣いてる叔母とばあちゃん、看護婦さんとじいちゃん。
じいちゃんしばらく見ないうちに小さくなってた。

涙を流しながら寺生まれのTさんが話しかけてきた、
「じいちゃんはな、亡くなる前にお前達兄弟の名前ばっかり呼んでたよ。お前達に
1番会いたかったんだろうな、つい法力を使ってお前たちの夢の中に入れてしまったよ。」
そこで初めて涙が流れた、じいちゃんが亡くなったって実感した。
じいちゃんは最後に俺の夢の中へ会いに来てくれたんだね。
あの時間は本当に楽しかったよ。
あの時のじいちゃんの優しい笑顔、まだ覚えてるよ。
会いにきてくれて、ありがとうね。
それを気づかせてくれたTさん、ありがとう。
寺生まれは凄い。俺は改めてそう思った。




人気記事
    PAGE TOP ▲
    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。