白いレトリバー

近所に住むお婆ちゃん。
もう90歳近いお婆ちゃん。
足腰弱ってるが毎日の散歩は欠かさない。

白いレトリバーを連れてゆっくりゆっくり歩いてた。
はた目には「ばあちゃん本当に歩いてるw?」ってくらい遅くて
見方によっては滑稽にすら見える。

でも、犬が5歩歩いてピタッ、4歩歩いてピタッとお婆ちゃんのペースに
合わせて待ちながら歩く姿が可愛いやら微笑ましいやらで大好きな光景だった。

ある日、団地のバカ小学生どもがゆっくりしか歩けないお婆ちゃんを
馬鹿にしてからかった。

バカガキはエスカレートしてお婆ちゃんにボールをぶつけた。
更にエスカレートしたバカガキの一人が石を投げつけようとしたとき
大人しかったラブラドールがリードを振りほどいて石を持ったバカガキに
飛びかかった。噛まれてはいなかったらしいが、ビックリしてこけた
拍子に腕の骨にヒビが入ったらしい。

目撃者が証言してくれたらしいが、バカガキのDQN親が大騒ぎして
「人殺し!」「こんな犬さっさと保健所に持ってけ!」だのと

「破ぁぁぁぁっ!!」突如飛来した青白い光弾がDQN親を貫き、粉微塵に消し飛ばす!!

寺生まれで生まれつき霊感が強いTさんだ!
「老人や犬をいたぶって結界を広げる小悪党が、せいぜい地獄で詫びるんだな」
そう吐き捨ててTさんはお婆ちゃんに「遅くなってすまん」と謝り犬をわしゃわしゃと撫で回した

今でもお婆ちゃんは犬と楽しそうに散歩している。
寺生まれって本当に凄い、改めてそう思った




人気記事
    PAGE TOP ▲
    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。