ダレカラァ?

自宅で彼女とセクースをした後、寝てしまった。
気がつくと、部屋は真っ暗。どうやら日が落ちるまで寝てたようだ。
隣を見ると、彼女が居ないことに気付いた。
同時に、バリバリくちゃくちゃと物を喰う音が聞こえて来た。
暗くてよく分からないが、彼女は椅子に座って何か食べているようだ。
俺:「おい、なんで電気付けないん?」
彼女:「……ウチも今起きたんや。お腹空いたわ〜」
俺:「ほんまぁ。しかしまぁ、、、今日は初エッチだったねw」
彼女:「へへ。すごい良かったよ。…ウチのこと好きぃ?放さへん?」
俺:「あたりまえやん。お前以外はありえへんわぁ」
♪♪♪
枕元の携帯が鳴った。こんな時にシラケるだろうが、何やぁ?

【題名】RE
【本文】起きた?今夕食買いにコンビニに行ってんやけど、何が食べたい?(>_<)

「誰からのメール?誰から?ダレカラァ?ネエ」

その時新しくメールが着信した。

【題名】危ない!

送り主は寺生まれのTさんだ。
「ネェダレカラア」の声に震え上がりながらもメールを開く。

【本文】破ぁ!!

それを視認した瞬間携帯からレーザーのような光線が出て椅子の上の何かを照らし、切断しバラバラにした。
バラバラになったそれは音もなく蒸発していった。
その直後Tさんから電話がかかってきた。

「なんか嫌な予感がしてね、奴はバラバラになったろう?
それよりいい出会い系サイトを教えてくれよ…」

寺生まれは色んな意味でスゴイ、そう思った深夜の事でした。




人気記事
    PAGE TOP ▲
    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。