盆踊り

天候不順で順延されてた田舎の盆踊り。
自治会や青年会の屋台が出てるだけで、踊っているのも婆さんばかり。
うんざりして帰ろうとしたら、丈が気持ち短い浴衣のJK2名が
「お兄さん、こっちで一緒に涼まへん?」
こりゃラッキーと着いていくと、瓦礫やら流木やらがまだ残る川の淵へ…
先を歩いていた2人が暗がりに見えなくなったと思いきや、
背後からものすごい力で手足にしがみつかれた!
しかも触れているその肌の冷たさといったら…
「オニイサン、イッショニスズシク…」
身動きできず、ジリジリと川に引っ張られる。
腐臭まで漂い始めた…

「ハァァァ!」
やった! 寺生まれのTさんだ! と思ったのだが、

「ハァァァ! 踊り踊るなら チョイト東京音頭 ヨイヨイ♪…」




人気記事
    PAGE TOP ▲
    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。