大恐竜展

大学出てすぐの頃の話です。

当時の僕は就職も決まらず警備のバイトで暮らす毎日。
バイトでも食っていけるし、もうこのままでもいいかな。なんて投げやりな考えを抱いたりもしていました。

そんなある日のことです、いつもの商社のビルではなくデパートでの仕事が入ってきたのは。

そこは催事場を有した大きなデパートで、夏休み中と言うこともあり大恐竜展の最中で
ホールには本物の化石を使った大きな骨格標本が吊り下げられていました。
かつて大地を駆け抜けたであろうその姿を見上げると、不思議と気分が高揚してきて
「就職氷河期がなんだ、とことんやってやるぞ」という気になったものです。
不貞腐れ気味だった僕にはいい刺激でした。

しかしその前向きな気分も、陽が沈むまでのことでした。
そのデパートはなんというかいろいろ曰く付きの建物で、「出る」ともっぱらの噂だったのです。

夜なお騒がしい繁華街の道路に面したビルや、周囲を住宅に囲まれた学校と違い、
夜間になるとすべての店舗から人がいなくなる商店街のその最奥にあるデパートは
山奥の森のような不気味な静けさを醸し出していました。

普段担当する建物とのあまりの違いにビビりつつ、見回りを始めました。
まずは残っている人がいないかの確認です。施錠も兼ねます。
稀に、残業中に寝てしまった人なども居るため、大きめの部屋などでは声かけをしていきます。
「施錠しまーす。残ってる方はいませんか〜?」
そうしていくつかの部屋を巡った時のことです。

カツーン

廊下に足音らしきものが響きました。
一瞬、同僚かと思いましたが下のフロアはここよりも広いため、まだチェックが終わっているとは思えません。
従業員がまだ残っていたのか、面倒だなあ、うるさい人じゃないといいなあ。などと思いつつ
カツーンカツーンと足音の響いてくる廊下に出て懐中電灯を向けました。

―――誰もいません。

ドッ、と汗が噴き出てくるのがわかりました。この建物に関するいくつかの噂が瞬時に脳裏を掠めました。
しかし、幽霊なんて見間違いか勘違いだという理性に押され、誰もいない廊下に向かって声を掛けました。
「○○さん(同僚の警備員)ですかー?」

カツーン カツーン

答えはありません。足音だけが響いてきます。人の姿もありません。
「じ、従業員の方ですかー?」

カツーン カツーン

答えはありません。そして相変わらず廊下には足音だけが響いて誰の姿もないのです。
――不安に負けて、やめておけばいいのに、僕はその質問をしてしまいました。

「…生きている方ですかー?」

静寂。
ややあって。


カツカツカツカツカツカツカツカツカツカツカツカツ!!!!!!!


廊下の向こうから急速に迫ってくる足音。僕はもう悲鳴をあげることさえ出来ずに回れ右して駈け出しました。
走っても走っても足音は追ってきます。
廊下を駆け抜け、曲がり角を曲がって、ホールまで来たところでバランスを崩し転んでしまいました。
後方からなおも迫る足音。
もう駄目だ、つかまる!心が恐怖に塗りつぶされそうになったその時、

「破Gyaaaaaaaaaaaaaaaaaooooooooooooooowwwwwwwwnnnnnnn!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」

眩しいほどの青白い光を発しつつ咆哮する巨大な骨格標本!
その威にあてられ、すぐ後ろまで迫っていた気配が四散霧消するのを肌で感じました。
前を見上げればそこには燦然とそびえ立つ古代の勇姿が。

Tラノサウルスってすごい。改めてそう思いました。




人気記事
    PAGE TOP ▲
    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。