おばあちゃん猫

寺で生まれたときからずっと猫を飼っていて、その猫、もうお婆ちゃんといってもいい歳だった。
俺はちっちゃい頃から喘息がひどくてよく入院をしていた。
小学生の頃、喘息の発作で入院し、病室で夢を見た。夢の中でそのおばあちゃん猫が語りかけてきた。
「Tちゃん、苦しいかい?私はいまから遠くにいくから、Tちゃんの苦しみも持って言ってあげるね…波ぁ!」
おばあちゃん猫の肉球から青白い閃光が放たれたと思うと俺は気を失った。
目が覚めて親に聞いたら、そのおばあちゃん猫は昨夜、静かに死んだらしい。
それからは喘息は良くなって、発作がでることもなくなった。猫が本当にもっていってくれたんだ…。
そして俺は不浄なものを見ることができるようになった。
おばあちゃん猫が俺を助けてくれたように、俺も世のため人のために不浄なものを浄化していくと決めた。




人気記事
    PAGE TOP ▲
    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。