水子

小学生の時、夢に血でドロドロした赤ちゃんが出てきて、部屋の前に立つ俺に向かって、
ヒタヒタと廊下を進んできた。
なぜかその後ろには祖母が立っており、にこにこ微笑んでいた。
俺は恐怖に包まれ、じわじわ近づく赤ちゃんに
「来るな、来るなぁ〜!!」
と叫びながら押したけど、大人のようなもの凄い力で押し返された。
足で蹴ると吹き飛んだが、平気そうに何度でも起き上がっては、またじわじわ迫ってくる。
「助けて」
と祖母に懇願したが、祖母はいつの間にか鬼のような形相で怒っている。
「○○ちゃん…お兄ちゃんになんでそんなひどい事するんや」
と意味不明なコトを言っている。
俺は泣き喚きながら自分の部屋に入ると、内側から思い切り勢いをつけてドアを押した。
ドアに当たった赤ちゃんはバンッと2メートル弱ふき飛んで、そのまま階段の下に落ち
水風船みたいに弾けた。放射線状に広がった血や内臓を見て、叫びながら起き上がった。
夢で良かったと思ってホッとした。

翌日、違う夢を見ていたのに、家の玄関を開けると階段の下で放射線状に広がった
血肉を見て、びっくりして目が覚めた。

さらに翌日も。またシーンが振り出しに戻った。生き返っている。

同じ悪夢を連続で見たため、怖くて寝たくない事を母親に告げた。
「お前は“水子”って言葉を知ってるかい?」
「うん」
「おばあちゃんには居るんよ…流産でもなく、堕ろしたんでもない。死産でもない…」
そこで母は黙ってしまった。
「…お前は引きずり込ませたりしない。今日もその夢を見たら、夢の中で私を呼びなさい」
と。

その日の夜、やはり夢を見た。
「お母さん、助けて!」
と叫ぶと赤ちゃんは
「ぐぅ」
と唸りながら、素早い何かに連れていかれそうになった。

「武力解決とは大人気ないな」
背後からの声に振り向くと、そこには寺生まれで霊感の強いTさんの姿が!
「破ぁ!」
Tさんの手から青白い光弾が発射され、赤子を連れていこうとする何者かは悲鳴と共に爆散した!
それを見た祖母は目を吊り上げて、
「許さん…覚えときや」
と捨て台詞を残し、こちらに向かってきたが
「自分の罪を子孫に擦り付ける小悪党め!!」
というTさんの怒号と共に空手チョップで脳天から唐竹割りされて消滅した。

Tさんは投げ出された赤子に近づくと、そっと手を触れて何事か呟いた。
青白い燐光が辺りを飛び交い、赤子はゆっくり天に昇っていった。
「どんなに苦しくても、暴力で解決しちゃあダメだ。覚えておきな」
Tさんはそう言い残すと、光に包まれて消えていった。
目を覚ました後、俺は感動のあまり泣いてしまったが、一階に下りると母と祖母が死んでいた。
寺生まれって酷い。俺は復讐を心に刻んだ。




人気記事
    PAGE TOP ▲
    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。