コトリバコ

この話は、霊感の強い友達の話。

その友達は中学生の時からの付き合いで、30手前になった今でも
けっこう頻繁に遊んだり、飲みに行くような間柄。
そいつん家は俺らの住んでるところでもけっこう大きめの寺をやってるようなお家。
普段は寺の近くにある住居にすんでます。

で、その日も飲みに行こうかってことで、とりあえず俺の家に
集合することになったんです。
先にそいつと、そいつの彼女が到着して、ゲームしながらもう一人の女の子を待ってたんです。

その寺の子をT、遅れてくる子をS、俺のことをAとしますね。Tの彼女はKで。

しばらくゲームしながら待ってたら、Sちゃんから電話がかかってきたんです。

Sちゃん「ごめんちょっと遅れるね、面白いものが納屋から見つかって、家族で夢中になってた〜
「Aってさ、クイズとかパズル得意だったよね?面白いものもって行くね!
「もうちょっと待ってて〜〜〜
ってな感じの内容でした。

で、40分くらいしたころかな、Sちゃんがやってきたんです。
その瞬間、というかSちゃんの車が俺ん家の敷地に入った瞬間かな
Tが「やべぇ。これやべぇ。やばいな・・・しかたがない」
って言ったんです。

俺「ん?Tどうしたが?また何かあったんか?」
K「大丈夫!?またなん」
T「ああ、大丈夫だ・・・破ァ!」

Tは普段は霊感あるとか寺の仕事とか、あんまり話題には出さないのですが誰かがピンチ陥った時にはこうして力を使うんですよ。
Tが腕から青白い光線を放つと、Sが持っていた箱が砕け散りました

T「これでもう大丈夫だろう」
S「え?え?もしかして私やばいの持ってきちゃった・・・のか・・な?」
T「いいや、気に病むことはない。これであれはこの世から消えんだからな」

Tはそう言うと、普段あまり吸わない煙草を胸ポケットから取り出すと深々と吸った
寺生まれってなんだか凄い、そう思った。
あと、とりあえず俺の部屋は禁煙だったので怒っておいた。




人気記事
    PAGE TOP ▲
    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。