古神社の修繕

俺が宮大工見習いをしてた時の話。

だいぶ仕事を覚えてきた時分、山奥の古神社の修繕をする仕事が入った。
だが親方や兄弟子は同時期に入ってきた大神社の修繕で手が回らない。
「おめぇ、一人でやってみろや」 親方に言われ、俺は勇んで古神社に出掛けた。

そのお堂は雨漏りしている上に床が腐りかけで酷く、予算と照らし合わせても中々難しい仕事である。
しかし俺は初めて任せられた仕事に気合が入り、親方から預かった図面を元に作業に掛かった。
ここはオオカミ様の神社で、鳥居の前には狛犬ではなくオオカミ様の燈篭が置いてある。
俺は鳥居を潜る度に両脇のオオカミ様に一礼する様にしていた。

約一ヶ月経過し、お堂がほぼカタチになってきた。
我ながらかなりの出来で、様子を見に来た親方にも「なかなかの仕事が出来ているな」と褒めてもらった。
それで更に気合が入った俺は必死で頑張り、ハッと気付くと夜の10時過ぎ。
腹は減ったが帰るのも面倒で、「オオカミ様、一晩ご厄介になります」とお辞儀をしてお堂の隅に
緩衝材に包まって寝てしまった。

どれくらい眠っただろうか。妙に明るい光に目を開けると、目の前に誰か座っている。
大きな松明の灯りに目が慣れた俺の目の前に座っていたのは、艶やかな長い髪の巫女さんだった。
「○○様、日々のご普請ご苦労様です」 鈴の鳴るような澄んだ声が聞こえると共に、
彼女は深々とお辞儀をした。
「ホウエ?」 俺は間抜けな声を返しながら、お辞儀でさらっと流れた黒髪に見惚れてしまった。
「我が主から、○○様がお堂にお泊りなのでお世話をする様にと申し付けられ、
ささやかでは有りますが酒肴をご用意して参りました」
彼女が沢山の料理と酒の載った盆を俺の前に置く。

「さ、どうぞ」 彼女が徳利をもち、俺に差し出す。俺は良く解らないまま、杯を持った途端、
「人には、踏み込んじゃいけない領域ってのがあるんだ」 声をかけてきたのは、
寺生まれで霊観が強いTさんだった。
「破ぁーーーー!!」 Tさんが放った青い光の塊に吹き飛ばされる俺。
激痛に意識を失う瞬間、「危ない所だったが、もう大丈夫だ…」と言う声が聞こえた。

翌朝、救急車に搬入される担架から大破したお堂を眺めた俺はこう思った。
寺生まれってスゲェ・・・




人気記事
    PAGE TOP ▲
    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。